御菓子処 千野

信州上田にある「御菓子処 千野」の三代目・千野雅芳が 日々の和菓子作りやお店の情報はもとより心のアンンテナに引っかかった様々なカルチャーに到るまで、心に移り行くよしなしごとを、幅広く徒然なるままに書き綴ります。

御菓子の最近のブログ記事

201212281520001.jpg

新年用上生菓子「福梅 千両 日の出 勾玉 癸巳」 各200円

 

【年末年始の営業】

年内は31日午後5時まで

新年初売りは2日10時より

日本のお正月には和の菓子を・・

ご家庭での新年のお祝いに・・御年賀に・・是非ご利用下さい。

 

新年菓 花びら餅 ご予約承っております

当店の餅・牛蒡・味噌餡 すべて手作りでございますので、1日の生産量に限りが御座います。大変申し訳御座いませんがご予約のみの販売とさせて頂きますのでよろしくお願い致します。ご予約はお一つからでも承りますのでお気軽にご連絡くださいませ。

その他、新春用縁起菓子など各種取り揃えて皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

201202171535000.jpg

 

明日2月18日(土)〜19日(日)と行われます長野日産上田国分店

決算先取り お客様大感謝祭
にて、お客様にお出しになるお菓子のご注文をいただきました。
ひと足早い春のイメージをご希望でしたので、ピンクにぼかした練りきりに桜の印と黄色く着色した氷餅を散らして、暖かく和かな春風を表現してみました。

自動車ディーラーさんで和菓子!
お洒落ですね☆

お待たせ致しました!

いよいよ今年の販売をスタートいたしました。

御菓子処千野謹製 「さくらもち」 1個120円(税込)

sakuramoti.jpeg

201202061346001.jpg

 

可愛らしい雛菓子各種入荷致しました!

ご自宅のお雛様の飾りにも最適ですね。

新春用上生菓子

| コメント(0)
201112281550001.jpg


御菓子処千野謹製
新春上生菓子です。

それぞれに日本復興への願いと希望と覚悟を込めました。

各1個200円(税込)

※「花びら餅」のご予約も承っております。


 

お正月用縁起菓子

| コメント(0)
201112261816001.jpg


「新年用縁起菓子」各種入荷いたしました!

お正月の家族団欒はもとより、お年賀の品にも最適です。

限定入荷のため、よい品はお早めに!

ご来店お待ちしております。

201110281309000.jpg

明日、甘露保育園のバザーにて大特価にて販売します!

玉手箱

| コメント(0)

201110081555001.jpg【玉手箱】

 

お茶会用の特注品です。

先生とのお打ち合わせを重ねデザインさせて頂きました。

青を少量含んだピンク色に金箔の輝き

可愛らしさの中にもゴージャス感が漂う仕上がりですね!

 

ササノハサラサラ

| コメント(0)

当地上田では旧暦にあわせ八月七日が七夕祭りです。
当店が隣接する海野町商店街には見事な七夕飾りが街を彩り、上田の夏の風物詩ともなっています。

また、それに合わせ市内の各流派の先生方による「星空の茶会」と題した茶席が開かれ、天の川や星、あるいは花扇や糸巻にちなんだお菓子をいただくことができます。
ちなみに当店、今年は海野町ふれあいサロンで行われます表千家杉山派の山本汲古先生の御席のお菓子を担当させて頂きますよ。


 

201108051235001.jpg「七夕饅頭」 5色入 525円(税込)

あさがお

| コメント(2)

201107221131001.jpgそろそろ子供達は夏休み

ウチの二女も学校で育てていた朝顔の鉢を

お家にお持ち帰りしてきました。

この歳になってもあさがおの花を見ると

楽しかった夏休みを思い出し

なんとなくワクワクします。

 

『あさがお』 1個200円(税込)

寝ずにテレビ観戦 → 仕事 

眠いです・・・

昔はオールなんてへっちゃらだったけどな~ww

心臓に悪い試合でしたが、観てよかった!

おめでとう!なでしこJAPAN!

 

201106101119000.jpg

というわけで‥ねりきりの「撫子」です。

 

 

 

蒸し暑い日々が続いておりますが・・・

熱中症対策には水分と塩分の補給が重要!!

というわけで当店のイチオシ商品がコチラ!!

201107051047000.jpg

『赤穂の塩飴』 

    315円(税込)

入り浜式製塩による良質な塩の生産で有名な兵庫県赤穂の塩を原材料に、ベトつかずサラッとした舌触りとサッパリとしたお味が大好評のアメちゃんです♪

お手軽においしく塩分補給して、暑い夏を乗り切りましょう!

清流

| コメント(0)

201106251500001.jpg夏川や小橋たわわに水を打つ  正岡子規

『清流』 1個200円(税込)

七変化

| コメント(0)

201106141649000.jpg一雨ごとに色を変え、私たちの目を楽しませてくれる紫陽花です。

『あじさい』 1個 200円(税込)

青梅

| コメント(0)

201106101127000.jpg今が旬の青梅

少し色付いた風情をねりきり餡で成型いたしました。

『青梅』 1個200円(税込)

落とし文

| コメント(0)

201106101137000.jpg 

この時期に広葉樹の野山などを散策していると、筒状に巻かれた葉が落ちていることがありますが、これはオトシブミ科の昆虫が器用に葉を巻きその中に卵を生み付けたものです。

江戸時代、公然とは言えないことを匿名の文書にして路上などに落とした「落とし文」に形が似ていることからこの名前が付けられたようです。

 

     

  

『落とし文』 1個200円(税込)

軽井沢茶会

| コメント(0)

生憎のお天気となっておりますが・・・

本日、軽井沢プリンスホテルにて

茶道裏千家 淡交会様の軽井沢茶会が開催されております。

この軽井沢茶会、毎年1000人からのお客様をお招きになる東信では最大級の大茶会でございます。

当店ではありがたいことに毎年、第一席(薄茶席)のお菓子をご注文頂いており、本日も朝霧の煙る中、朝イチで会場に納品を済ませ、まずはホッと一安心しています。

 

さて、そんな本年度のお菓子は。。。

 

201105291137000.jpg『苔清水』(こけしみず)

みどり深き軽井沢の苔生した森で、雨の多いこの季節にはまさにピッタリのお菓子かと思いますがいかがでしょう??

 

梅雨入り。。。

| コメント(0)

長野県も梅雨入りみたいですね!

例年に比べかなり早い梅雨入り。。。

気象庁が統計を始めた1951(昭和26)年以降、2番目の早さとか。

梅雨入りが早いってことは、梅雨明けも早いんでしょうか・・・?

というわけで、当店上生菓子のラインナップにも梅雨を代表する花「紫陽花」が加わりました。

 

201105271536000.jpg色づき始めた若い花をイメージして、白と紫を全体ボカシで包餡し、雨に濡れた風情を表すため寒天を塗って仕上げました。

 

『紫陽花』 1個200円(税込)

 

当店近くの呉服屋さん「どうひら」様よりオリジナル和菓子のご注文を頂きました。

 

201105261628001.jpg風薫る季節にふさわしい爽やかな配色と、呉服屋さんらしく、着物の袂をイメージした形にお店のロゴマークを入れてみました。

201105261640000.jpg

 

 

 

5月8日は母の日

お母様へ日頃の感謝を込めた贈り物に、

和菓子でできたカーネーションはいかがでしょう?

 

お母様への、日頃の感謝の気持ちを込めた団らんのひとときに

このお菓子がご家族みんなの笑顔と会話の一助となれば幸いです。

 

※ご贈答用に母の日専用パッケージもご用意致しております。お問い合わせ下さい。

※大変手間のかかるお菓子ですので、あまり数が作れません。確実に手に入れて頂くためには、事前のご予約をお薦め致します。

 

ご注文お待ちしております!



201105051700000.jpg『和蘭撫子』 1個250円(税込)

和蘭撫子(オランダナデシコ)とは、カーネーションの和名です。

野あそび

| コメント(0)

201103061220001.jpg厳しい冬を終え、暖かい春を迎えた楽しさを、

蓬(よもぎ)を練り混んだ餡の風味とともに表現しました。

「野あそび」 1個200円(税込)

ラジオ取材

| コメント(0)

SBCラジオの午後の人気プログラムといえば「おとなりラジオ あらら・・・」

実はワタクシ、工場では朝から晩まで絶えずSBCラジオが流れているヘヴィーリスナーであり、毎日この番組を拝聴しておるのですが。。。。

本日、その「おとなりラジオ あらら・・・」のコーナー収録でレポーターの斉藤美穂さんに雛祭りのお菓子『引千切』(ひきちぎり)についての取材をして頂きました。

この模様は雛祭りの前日 3月2日(水)PM3:35くらいからOAの予定となっております。

ワタクシ、なにやら偉そうなことを喋っておりますので冷やかしがてら是非お聴きくださいwww

 

201102221657001.jpg引千切 とは・・
京都では、3月3日の雛祭りに欠かせないお菓子で、「ひちぎり」「ひっちぎり」ともいいます。

宮中で、人手が足りない時に、餅を丸める手間を惜しんで
引きちぎったのが由来とされる説や
宮中の儀式に用いられた 白餅にくぼみを作り餡をのせた
「戴き餅(いただきもち)」に由来するとされる説など
諸説ございますが、いずれにしろ、ひきちぎってある形から
「ひちぎり」という名が付いたようです。

ちなみに当店の引千切は"ねりきり餡"製で
ヨモギを入れた緑→草が萌えだした様
白・紅→雪が解け、桃の花が咲く

をそれぞれイメージしてデザインいたしました。

また、ヨモギには雛まつりの起源とされる中国の「上巳(じょうし)節」で、
けがれを祓うとされ食された「母子草」(ははこぐさ)の名残である‥という側面もあります。
桃の節句に草餅を食べるのはこのためなのです。

『引千切』 1個200円(税込)

201102141108001.jpgバレンタインデーに対する和菓子職人のささやかな反骨心!!(笑)

本日2月14日にバッチリ合わせて

いよいよ御菓子処千野特製「桜餅」発売開始です!

桜葉の香り漂う関東風焼き皮生地で特製の漉し餡を巻いたシンプルな構成ながら

その絶妙な食い口と味が毎年大好評の季節限定商品です。

一足早い春をお楽しみ下さい。

 

「さくらもち」 1個120円(税込)

※少しお得な6個入(専用パック)700円もご利用下さい!

 

チョコ大好き三代目(こっそりアピール)

 

 

 

201102071624000.jpg未開紅は、梅の花が厳しい風雪に耐えしのぎ
強い胞を破って今にも花が開かんとする
力強い蕾を表現した菓子です。

薄紅と白の重ね合わせは、王朝以来の※雛色目(かさねしきもく)
の伝統に基づいた色調だけに、落ち着きと気品があって
迎春菓にふさわしい茶菓子といえるのではないでしょうか。

※「雛色目」(かさねしきもく) 平安時代に確立した衣装の色の組み合わせ。


『未開紅』 1個200円(税込)

立春を迎え、そろそろお雛様を飾られるご家庭も多いことかと存じます。

そんな時期、当店にも雛菓子各種入荷致しました!

201102041545000.jpgご家庭のお雛様の御供えに、また、季節を感じる手土産としても是非ご利用下さい!

 

・雛あられ(掛紙付き)600円 

・甘酒キャラメル 315円 

・雛菓子各種 368円~

 

下萌

| コメント(0)
201101291628001.jpg厳しい冬の雪の下でも、春の準備は着々と進んでいます。

雪の下から力強い生命力で萌え出づる若草を、
茶巾絞りの煉切で表した上生菓子  『下萌  (したもえ)』です。

緑の練切餡には、"ヨモギ"を練り込み
お味でも一足はやい春を感じて頂けることと思います。


『春日野の 下萌えわたる 草の上に つれなく見ゆる 春の淡雪』
                               新古今和歌集より



  『下萌』 1個200円(税込)

【特注】蓬莱饅頭

| コメント(0)

201101141547000.jpg蒸籠の中に整然と並んだ、一見腰高の薯蕷饅頭のようですが・・・

 

 

割ってみると御覧の通り★

201101141717000.jpg花びら餅同様、新年菓として有名な「蓬莱饅頭」でございます。

店頭には並ばない特注品です。

 

御覧になってお分かりになるかと思いますが。。。

五色の餡(生地)を包み重ねるため、大変手間の掛かるお菓子でございます故、ある意味、毎年ご注文を頂きコレをお作りすることは、精神的にも肉体的にも特別な‥言ってみれば"年に一度のお祭り気分"でございますww

ちなみに五色の餡にはそれぞれ 「黒(長寿)緑(徳)黄(財力)赤(無病)を白(天命)で包み込む」 といった意味合いがある、とてもお目出度いお菓子です。




 

初花

| コメント(0)

201101101518000.jpgうれしさもにほひも袖にあまりけり我がため折れる梅の初花(玉葉1855)

『初花』 1個200円(税込)

ゴボウ炊いてます

| コメント(0)

クリスマス目前ではありますが。。。

和菓子屋的にはそろそろ新年用のお菓子の仕込みが始まります。

新年菓「花びら餅」に使用するゴボウの蜜漬けを作るため

まずは寸法に切ったゴボウを炊いております。

201012181333001.jpg

 

新年菓「花びら餅」予約受付中!

12月31日お渡し分より承ります。

※当店の花びら餅はゴボウ、みそ餡の仕込みから餅生地に至るまで、全行程全て手作り、手間暇かけて丁寧にお作りしております。

そのため、お作りできる数に限りがありますので、確実に召し上がっていただくには数の多少に関わらずご予約をお薦め致します。

(1個250円 税込)

風花(かざはな)

| コメント(0)

kazahana.jpg青空にきらきらと舞い踊る小雪の結晶を表現しました。

『風花』 1個200円(税込)

野菊

| コメント(0)

201011201518001.jpg

野菊(作詞 石森延男 作曲 下総皖一)

遠い山から吹いて来る
こ寒い風にゆれながら
けだかく きよくにおう花
きれいな野菊 うすむらさきよ

秋の日ざしをあびてとぶ
とんぼをかろく 休ませて
しずかに咲いた野べの花
やさしい野菊 うすむらさきよ

しもがおりても まけないで
野原や山にむれて咲き
秋のなごりを おしむ花
あかるい野菊 うすむらさきよ

 

「野菊」1個 200円(税込)

今日は立冬

暦の上では今日から冬です。

とはいえ、本日は比較的ポカポカとした小春日和ですね。

201011041422001.jpg秋と冬が交差するこの時期、山奥の赤く色付いた紅葉の上に思いがけず降り積もった初雪をイメージしたお菓子です。

『深山時雨』(みやましぐれ) 1個200円(税込)

照葉(てりは)

| コメント(0)

201011041618000.jpg刻々と色合いを変えて行く紅葉のグラデーションを練りきり餡にて表現致しました。

『照葉』(てりは) 1個200円(税込)

寒氷「紅葉」

| コメント(0)

201010261121002.jpg寒氷で作った赤く色付いたもみじです。

お茶会用の特注品で製作致しましたが

仕込みの関係上、数がとれましたので店売りも致します。

 

唐錦(からにしき)

| コメント(0)

201010091522001.jpg唐錦とは中国の絹織物です。

このお菓子は秋の見事な紅葉の景色を

その織物の美しさに見立て菓銘としたものです。

『唐錦』 1個200円(税込)

やまづと

| コメント(0)

201010101113001.jpg「山苞」(やまづと)とは、山や山里からの土産を意味する言葉です。

国産栗100%の栗あんに山吹色のねりきりをつけ、栗型に茶巾絞りした栗きんとんは
まさにこの時期ならではの"山からの贈り物"といえるでしょう。

栗あん独特のホクホクとした食感をお楽しみ下さい!


 

『やまづと』 1個250円(税込)
※仕込んだ栗あんが終わり次第、今年の販売は終了とさせて頂きます。
 数量限定ですので、お早めにどうぞ。

| コメント(0)

緑色のボカシを入れ、色付いていく柿を表現しました。

201010031602000.jpg渋いとこ母が喰ひけり山の柿  一茶

『柿』 1個200円(税込)

菊薫る。。。

| コメント(0)

kiku.jpeg日本を代表する花である菊を、"へら切り"という技法で仕上げました。

『菊』 1個200円(税込)

稲穂

| コメント(0)

201009201519000.jpg稲の穂の伏し重なりし夕日哉 正岡子規

『稲穂』 1個200円(税込)

こぼれ萩

| コメント(0)

201009091438000.jpg萩の声こや秋風の口うつし 芭蕉

                             『こぼれ萩』 1個200円(税込)

虫の声

| コメント(0)

 

201009091153000.jpg                                             日暮ても野は錦なり虫の声   大島蓼太

 

『虫の声』 1個200円(税込)

着せ綿

| コメント(0)

201009021720000.jpg

                       『着せ綿』 1個200円(税込)

 

九月九日は重陽(ちょうよう)、別名「菊の節句」です。
古代中国では菊は「翁草〔おきなくさ〕」「千代見草〔ちよみくさ〕」「齢草〔よわいくさ〕」と言われ、邪気を祓い長生きする効能があると信じられていました。
その中国の影響を受けて日本では、奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。
また、菊の着せ綿(きせわた)といって八日の夜に菊に綿をかぶせ、九日に露で湿ったその綿で体を拭いて長寿を祈っていたとされ、枕草子や紫式部日記の中でもその風習をうかがうことができます。

http://chino-ueda.sub.jp/wata.html

 

 

すすき野

| コメント(0)

残暑‥というより、相変わらずの酷暑です。

暦の上ではもう秋なのに。。。

 

201008281617000.jpg宵闇や薄に月のいづる音  正岡子規

                          『すすき野』 1個200円(税込)

重陽

| コメント(2)

9月9日の重陽の節句を間近にひかえ

菊をモチーフにしたお菓子を‥とのご注文を頂きました。

5種ほど試作。。。

201008241620000.jpg上左:つぼみ菊 上右:へら菊

      中:乱菊

下左:しぼり菊 下右:着せ綿

 

さて。。。どれをお選びになるかな??

 

桔梗 其の弐

| コメント(0)

201008191704000.jpg前回ご紹介した『桔梗』は、木型で抜いたものでしたが

今回は布巾絞りにて成形いたしました。

『桔梗』 1個200円(税込

ほおづき

| コメント(0)

201008011144001.jpg

鬼灯の少し赤らむぞなつかしき  正岡子規

 

                   「ほおづき」 1個200円(税込)

桔梗

| コメント(0)

201007261029002.jpgきりきりしやんとしてさく桔梗哉 一茶

                          『桔梗』 1個200円(税込)

天の川

| コメント(0)

上田では旧暦に倣って8月7日が七夕まつりです。

当店が隣接する海野町商店街には見事な七夕飾りが街を彩り、上田の夏の風物詩ともなっています。

また、それに合わせ市内の各流派の先生方による「星空の茶会」と題した茶席が開かれ、天の川や星、あるいは花扇や糸巻にちなんだお菓子をいただくことができます。(今年は8月6日(金)に開催)

当店でも二席ほどご注文をいただいておりますよ。

どんなお菓子になるのかは。。。

お楽しみに!!

 

ちなみに、こちらは通常売りで店頭に並んでおります。

201007201400001.jpg                       『天の川』 1個200円(税込)

 

201007201200000.jpg

 

 

 

盆用飾り菓子各種入荷いたしました!

ご家庭のお仏壇にお供え頂くのにちょうど良いサイズの可愛らしいお干菓子です。

数量限定の為、良い品は是非お早めにお買い求め下さい。

あさがお

| コメント(0)

梅雨が明け、いよいよ夏本番!

夏といえばこの花ですね。

201007181430001.jpg                        「あさがお」 1個200円(税込)

                                                                                      

七変化

| コメント(0)

201007041057001.jpg鬱陶しい梅雨の時期ですが

雨に濡れた紫陽花の花が日々色を変えてゆく様子は

この時期ならではの美しい光景ですね

 

『あじさい』 1個200円(税込)

201006271424000.jpg

秘かにファンの多いこのお菓子

しばらく欠品しておりましたが

本日、ようやく焼くことができました!

熱を抜き、明日にはお店に並ぶかと思います。

お待たせしておりましたお客様、誠に申し訳ございませんでした。

『そばまる』 1個105円(税込)

清流

| コメント(0)

201006191512000.jpg千曲川でもいよいよ鮎釣り解禁です。

蒸し暑い毎日が続く中、

川の流れの清涼感を、ねりきり餡と錦玉羹で表現しました。

『清流』 1個200円(税込)

あじさい

| コメント(0)

あじさい.jpeg

きんとん仕立ての紫陽花の上には錦玉製の露が光ります。

『あじさい』 1個200円(税込)

青梅

| コメント(0)

201006111416001.jpg「青梅に塩売を呼ぶ戸口哉」  正岡子規 

今が旬の青梅を練切り餡にて成形致しました。

『青梅』 1個200円(税込)

なでしこ

| コメント(0)

201006081722000.jpg撫子(なでしこ)には、なでるようにかわいがっている子、いとしい子、愛児、と言う意味があるそうで、その小さな可愛らしい花の姿がそれに似ていることから、この名前がつけられたと言われています。

 

『なでしこ』 1個200円(税込)

寒氷 「流水」

| コメント(0)

寒氷(かんごおり)は、寒天と砂糖を煮詰め、乾燥させたお干菓子です。

今回はお茶会用の特注品として、寸法に包丁した白と水色の寒氷を組み、爽やかな流水を表しました。

 

201005271353000.jpg                                       ただ今、乾燥中。。。

新緑

| コメント(0)

あらたうと青葉若葉の日の光 

             松尾芭蕉 奥の細道より

この句に触発されたかのごとく、来週日光へ行ってきます(笑

 

新緑が目に優しい季節ですね。。。。

 

201005151217000.jpg                          『新緑』 1個200円(税込)

| コメント(0)

木の末をたわめて藤の下りけり

201005131158000.jpg                          『藤』 1個200円(税込)

富貴草

| コメント(0)

猫に蝶に賑ふ花の富貴かな  横井也有

 

富貴草(ふっきそう)とは牡丹の異称です。

古来、富貴の象徴とされたことからこのような呼び名がついたと言われています。

昔から牡丹と猫と蝶はそれぞれ付き物で、画題にも取合わされることが多いのですが、コレ、何故なんでしょうね???

 

201005131048000.jpg        「富貴草」 1個200円(税込)

和蘭撫子

| コメント(0)

和蘭撫子(オランダナデシコ)とは、カーネーションの和名です。 

うえだNavi5月号の企画で制作いたしました。

もうすぐ母の日

お母様へ日頃の感謝を込めた贈り物に、

お菓子で出来たカーネーションはいかがでしょう?

ご注文お待ちしております。

 

 

201005041212000.jpg『和蘭撫子』 1個250円(税込)

※たいへん手間の掛かるお菓子でございますので、申し訳ございませんが予約制とさせて頂きます。

※ご贈答用に母の日専用パッケージもございます。(写真は6個入)

端午の節句

| コメント(0)

201005031136000.jpg鎧や兜、武者人形、鯉のぼりなどを飾り、子供の健やかな成長を願う、端午の節句。

その面影を練りきりにて表現致しました。

 

『端午の節句』 1個200円(税込)

風薫る・・・

| コメント(0)

ayame.jpeg風薫る季節、凛とした佇まいの菖蒲の花を手型にて成形いたしました。

 

『あやめ』 1個200円(税込)

やまぶき

| コメント(0)

「桜ちり春のくれ行く物思ひも忘られぬべき山吹の花」

桜が散り、春が暮れてゆく憂鬱も、思わず忘れてしまいそうなほど美しい山吹の花よ。。。

玉葉集 藤原俊成の歌です。

桜が散った後の虚しさを埋めてくれるように艶やかに咲く山吹は、古来より日本人に愛されている花の一つではないでしょうか。

 

201004261145001.jpg                               『やまぶき』 1個200円(税込)

201004191605000.jpg

真田まつり時、やはり一番人気で早々に売り切れてしまい、これを楽しみにご来店頂きましたお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたこと、改めてお詫び申し上げます。

予想以上の売れ行きに、大変有り難くもあり、また驚いております。

注文等で立て込んでおり、品切れが続いておりましたが、ようやく本日焼き上がりました!
この後、熱をとり、包装いたしますので、明日には店頭に並びます。

宜しく御願い致します!

花の旅

| コメント(0)

 

201004161809002.jpg寄りつ離れつしながら川を流れてゆく桜の花びら

優雅な旅路です。

 

『花の旅』 1個200円(税込)

前山寺落雁

| コメント(0)

冷たい雨が降る生憎のお天気となりました本日

いよいよ上田城千本桜まつりが開催されました!

上田の観光シーズンのスタートです。

そんな中、上田の観光名所が数多く点在し人気の高いスポットといえば、塩田地方。

秘湯の別所温泉をはじめ、秋には松茸で有名な地域です。

また、別名"信州の鎌倉"とよばれるほど、この地方には名刹が数多いのですが

その中でも人気のお寺が「獨股山 前山寺」(とっこざん ぜんさんじ)。

"未完成の完成塔"として名高い国の重要文化財にも指定された三重塔があり

また、庫裏のお座敷にて頂くことのできる「くるみおはぎ」(要予約)は絶品です!


その前山寺ご参拝のお土産として当店で製造しているのが『前山寺落雁』です。

親指の頭ほどの小粒の落雁に信州味噌を埋込みました。

 

観光シーズン到来ということで、いよいよ今期のご注文が入ってきました!

 

実は・・・こんな雨の日は湿度も高く、原料となります砂糖にネバリが出るため

落雁を成型するには非常に好都合なのです。

 

201004041437000.jpgというわけで、落雁打ってます!

201004041257000.jpg2年前、兵庫県姫路市で行われた第二十五回全国菓子大博覧会におきまして

『茶道家元賞』を頂戴しました当店代表銘菓の「繭の郷」

今回はお客様からのご注文により、紅白にてお作り致しました。

内祝の引き出物としてお使いになるとのことです。

このように通常商品におきましても、お客様のご要望に合わせた特別なご注文にもお応え致します。

ご相談下さい。

201004021221000.jpg花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ   杉田久女
 
                   『花衣』(はなごろも) 1個200円(税込)

さ‥寒いぃ・・・

| コメント(0)

今日はまた寒いですねぇ・・・

冬に逆戻りしちゃった感じで、上田は雪まで降ってます・・・ブルブル

でも実は!

こんな寒い日に、体の芯から温まる素敵なお菓子がございます。

お菓子というか、飲み物ですね。。。。

それがこの 『吉野山 くづ湯』

201003291710001.jpgこの吉野山くづ湯一袋を良くあたためた湯飲みの中へ入れ120cc程の熱湯を注ぎかき回せば、トロっと美味しい葛湯の出来上がり。

まさに日本の伝統的インスタントドリンクです。

また"吉野山"のネーミングどおり、この葛湯には桜花の塩漬けが一輪入っております。

ほんのり漂う桜の香りで気分も暖まってください。

そして・・裏技として・・・

お好みでインスタントコーヒーの顆粒を入れたり、粉末クリームを入れてもひと味違った美味しさがありますよ!

また、夏場などの暑い時期には、溶かしたくづ湯を冷蔵庫で冷やすと、プルプルとした和風スイーツにもなります!

アレンジ次第で楽しみ方いろいろ♪

アナタだけのオリジナルくづ湯を是非お楽しみ下さい。

 

『吉野山くづ湯』 一袋 95円(税込)

※ご贈答用もご用意しております。

最近売れてます

| コメント(0)

201003281441000.jpgシャレ半分で仕入れた パンダのチョコボール。

といっても、チョコボール自体はいたって普通で、個別梱包の小袋にパンダがプリントされているのですが、けっこうカワイイと思いませんか?www

実はコレ、最近かなりよく売れてます。

ちなみに、同シリーズとして「招き猫」 「キィーちゃん」ヴァージョンもございます。

各315円(税込)です。

落雁

| コメント(2)

201003261431000.jpg映画サマーウォーズ内の設定では、陣内家のお屋敷の住所が「伊勢山」でしたね、そういえば・・・。

その伊勢山・砥石城に程近い場所にございますのが、500年以上の歴史を誇る陽泰寺様です。

本日は、その陽泰寺様からのご注文で、御供物の落雁を打たせていただきました。

上白糖と※寒梅粉を混ぜ合わせた物を木型に押し込み、打ち出します。

型が崩れぬよう、グイグイと押し固める作業は、なかなかの力仕事でもあります。

 

※寒梅粉

梅が咲く寒い時期に新米を粉にしたことから名付けられたといわれている、もち米を蒸して搗き、餅にした後に白く焼き上げ、砕いた粉。

 

卒園祝いに・・・

| コメント(0)

水曜日でお店はお休みですが、注文品がつまってますので工場は稼働しております。

そんな本日の朝イチのお仕事は。。。

某保育園の卒園お祝いのご注文で、こんなお饅頭作りました。

201003231248000.jpg携帯のカメラで撮影したため、実物とはちょっと色が異なっているのが残念ですが

ソメイヨシノの花をイメージした薄いピンクを筆塗りした薯蕷饅頭に桜の焼き印を押した

この時期にはピッタリのお饅頭だと思います。

 

このように、お客様のご要望、ご予算に応じ、様々な色や焼き印により季節を表すオリジナルなお饅頭のご注文も承っております。

お気軽にご相談ください。

『薯蕷饅頭』 1個 105円(税込)~

 

春爛漫を思わせる色合いと、きんとんの躍動感でワクワクするような春の楽しさを表現いたしました。

 

201003211719001.jpg                           『花紅』(はなくれない) 1個200円(税込)

石芋伝説

| コメント(0)

 青い空が広がる秋の日、弘法大師は石につまずきながら村の道を歩いておりました。長いこと、お腹にたまるものを口にしていなかったので、とてもひもじい思いをしていましたところ、道のそばの畑で芋掘をしているおばあさんに出会いました。
「そのイモを、一つくれんだろうか。」と頼みましたが、おばあさんはお坊様のボロボロの衣を着た姿を見ると、「やりてえが、これは石みたいに堅いイモで喰えねえだ。悪く思うな」と言うと後は知らん顔をしていました。"あわれなおばあさんよ"と思いながら、大師様は静かに立ち去りました。そして、不思議な事が起こりました。それ以来この村でとれる芋は煮ても焼いても食べられない本当の石の様に堅くなってしまったのです。

 

上田市のお隣、青木村に伝わる『弘法大師と石芋』のお話しです。

この民話をモチーフに当店で製造しておりますのが『石いも伝説』という焼き菓子。

青木村郷土美術館のオリジナル商品として同館の喫茶店にて販売しております。

 

本日はこの石いも伝説を制作。。。

201003221609000.jpg焼き上がりました!

一晩の自然冷却で、シットリとした美味しい仕上がりとなります。

パッケージ梱包後、青木村へと配達です!

 

サクラサク

| コメント(0)

日本列島も南の方から、いよいよ"桜 開花"の便りが聞こえてまいりましたね。

とはいえ、当地信州上田ではまだまだ先になりそうですが、

上田城の千本桜を想い、一足先に当店では桜が咲きました。

 

201003211442000.jpg『桜花』 1個200円(税込) 

 

 

201003191219000.jpg本日は特注の「小麦まんじゅう」(紅白)の製造をしております。(※画像は白)

 

正味の目方は、通常当店で販売しておりますお饅頭の2倍弱といったところですが、生地に膨張剤を使用するため、出来上がりの見た目は通常より3倍近く大きくなります。ボリューム満点!食べ応えバツグン!

201003191310000.jpgまた、シットリとした生地の薯蕷饅頭に比べ、小麦まんじゅうはフワフワとした柔らかい生地が特徴で、しかもお値段的にもかなりお得かと思います。

ただし、薯蕷饅頭が真っ白に仕上がるのに対して、お色的に若干くすんでしまうというデメリットもございます。

大きさ、お値段など、お客様のご希望に応じお作りすることができますので、ご興味ございましたら、お気軽にご相談下さいませ。 

 

201003181251001.jpg今日は朝からずぅっと御注文の「織部饅頭」(おりべまんじゅう)を作ってます。

織部饅頭は焼き物で有名な「織部焼き」をモチーフに

その特徴である緑の釉薬が垂れる佇まいをお饅頭で表現した物です。

織部焼き同様、このお饅頭にも "強烈なデフォルメと不均衡" にこそ、

美の神髄が潜んでいると言えるのではないでしょうか。。。。

 

ん~・・和菓子は奥が深いですねぇ・・・

 

 

さぁ、仕事再開!

まだまだ作りますよ!!

麩焼きせんべい

| コメント(0)

 

201003141545000.jpg特注品の「麩焼きせんべい」を作りました。

茶道、特に薄茶席のお干菓子としては定番といったところでしょうか。

この麩焼きせんべいには実は古い歴史があり、あの豊臣秀吉による「北野大茶会」でも使われたとか・・・

また、麩焼きというと"お麩"から出来ていると思われる方もいらっしゃるかと思いますが、原材料は「餅米」で、モナカの皮などと同じ、いわゆる「菓子種」(かしだね)と呼ばれる種類のお菓子です。麩を思わせる軽い歯ざわりから、ふやきと呼ばれているようです。

当店ではこれに味噌風味の砂糖を刷毛塗りし、ご希望の印を押して仕上げております。

今回のご注文では、お客様のご希望により早春を思わせる「早蕨」(さわらび)の焼き印といたしました。

 

 

201003141517000.jpgただ今、乾燥中。。。。。

 

 

 

 

 

野あそび

| コメント(0)

 

noasobi.jpeg厳しい冬を終え、暖かい春を迎えた楽しさを、蓬(よもぎ)を練り混んだ餡の風味とともに表現しました。

「野あそび」1個200円(税込)

明日、明後日

以前にも告知いたしました、横ノリ系イベントPcamp&Psessionが、

信州菅平高原パインビークスキー場にて開催されます!

当店もこのイベントに協賛しております。

ということで、会場ではご参加の皆さんにこんなお饅頭をご提供!

真っ白な薯蕷饅頭に雪輪の焼き印をおしました。

201003121113000.jpg

胡蝶

| コメント(0)

上田、また雪です。。。

寒いの苦手です。。。

前回に引き続き、春よ来い!の願いを込めて・・・

 

胡蝶.jpeg伝統的な日本の家紋「胡蝶」をモチーフに、デフォルメにデフォルメを重ねて出来上がった

これまた伝統的な和菓子の型です。

 

 

86695448_113.jpg『胡蝶』1個200円(税込)

 

以上、頭の中には常に蝶々がとんでいる三代目がお伝えしました。

 

 

待ちきれない!

| コメント(0)

昨日は雪でしたね!

今朝起きたら、あたりの山も真っ白で、冬景色に逆戻り

寒いです・・・

もう3月なのに・・・

 

そんな中。。。

春を待ちきれず、作っちゃいました。

 

201003041538001.jpg

「初桜」(はつざくら) 1個200円(税込)

黄色く着色した氷餅の顆粒をちらし、暖かく穏やかな春風を表現いたしました。

 

心弾むような、ポカポカした穏やかな春の日差しが待ち遠しいです。

 

真田石

| コメント(2)

sanadaishi.jpeg最近このお菓子、お陰様で良く売れてます。

売れてるのにはワケがありまして・・・

 

昨今の歴史ブーム

その中でも常にトップクラスの人気を誇る戦国武将といえば

我が郷土の英雄 「真田幸村」

というわけで、上田には今、幸村ファンの"歴女"が大挙して押し寄せているという。。。

いやコレ、全然大袈裟でも何でもなくてですね・・

ここ数年、幸村公目当てに本当に大勢の方々が上田に来訪されるようになったのです。

その旗振り役と言いましょうか・・・

真田幸村ファンの間ではすでにカリスマとなっておりますのが

女流歴史プロデューサーであり信州上田観光大使である

六龍堂 早川知佐さん!!

この人の幸村に対する豊富な知識と熱い想いってのは、本当にハンパじゃないです!

ご縁がありまして、個人的にもいろいろ仲良くさせていただいているのですが、

そんな六龍堂さんブログは、今や歴女達のバイブルともいえる人気サイトでして

そこで取り上げて頂いたこの記事が引き金となり、お陰様で真田石の売れ行きが飛躍的に伸びたのでした。

ありがたや。ありがたや。

 

せっかくお褒め頂きましたこのお菓子。

これからも心を込めて、一生懸命作らせて頂きます!

 

 

人と人との繋がりは本当に大切ですね。

 

昨日の冷たい雨と打って変わって
今日は本当に暖かいですね
三寒四温とは申しますが、この気温差はちょっと異常です・・・

201003051235000.jpg
そうはいっても、春は着実に近づいているようで、店の前に飾った「さんしゅゆ」の花もほころび始めました。

黄色い花は、春の訪れを告げます。

201003041416000.jpg

「菜の花きんとん」 一個200円(税込)

201003021505001.jpg


現在、長野市の「ながの東急百貨店」地下食料品売場の"信州名産品コーナー"にて

当店の「凍豆富」(6包入 500円)をお取り扱い頂いております。

北信地方のお客様、また長野市を訪れたお客様

宜しくお願い致します!

雛の袖

| コメント(0)
200902201450000.jpg 

練り切り製の可愛らしい小さなお雛様でございます。
さくらもちと併せて、華やかな雛祭りの演出に是非ご利用ください。


「雛の袖」(ひなのそで) 一個200円(税込)

201002271059000.jpg

毎年、多くのお客様にご好評を頂いております当店のさくらもち。
いよいよ今シーズンの販売を開始いたしました。
桜葉の香りたつ関東風焼き皮生地と当店自慢のこし餡のクリーミーな口溶けを是非ご賞味ください。

さくらもち
一個120円(税込)
※少しお得な六個パック 700円もございます。

プロフィール

千野雅芳

御菓子処千野の三代目、千野雅芳。 製造担当・一男三女の父であり “文化は地続き”が持論の新人類世代。 また『マサヨシ』名義で地元をはじめ 各地のクラブイベント等に和菓子を提供。 若者世代に伝統和菓子をアピールすると共に その新たな価値観と可能性を日々模索中。

画像一覧

  • image.jpg
  • apple.jpeg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち御菓子カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは三代目目線です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

過去記事一覧