御菓子処 千野

信州上田にある「御菓子処 千野」の三代目・千野雅芳が 日々の和菓子作りやお店の情報はもとより心のアンンテナに引っかかった様々なカルチャーに到るまで、心に移り行くよしなしごとを、幅広く徒然なるままに書き綴ります。

6月16日『和菓子の日』

| コメント(0)
6月16日は『和菓子の日』

仁明天皇が御神託に基づいて、六月十六日に餅などを神前に供え、嘉祥(かじょう)と改元した古例を引き菓子を贈ったり、食したりする、除災招福の日です。
かつては朝廷において、後には民間でも長く恒例行事として明治初期まで盛んに行われてきました。
その「嘉祥の日」を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。
健康を願い、幸多かれと祈って、和菓子をいただきましょう。

コメントする

プロフィール

千野雅芳

御菓子処千野の三代目、千野雅芳。 製造担当・一男三女の父であり “文化は地続き”が持論の新人類世代。 また『マサヨシ』名義で地元をはじめ 各地のクラブイベント等に和菓子を提供。 若者世代に伝統和菓子をアピールすると共に その新たな価値観と可能性を日々模索中。

画像一覧

  • 201106251500001.jpg
  • 201106141649000.jpg
  • 201106101127000.jpg
  • 201106101137000.jpg
  • 201106051525000.jpg
  • 201106051535000.jpg

このブログ記事について

このページは、千野が2011年6月16日 09:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「七変化」です。

次のブログ記事は「清流」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

過去記事一覧