御菓子処 千野

信州上田にある「御菓子処 千野」の三代目・千野雅芳が 日々の和菓子作りやお店の情報はもとより心のアンンテナに引っかかった様々なカルチャーに到るまで、心に移り行くよしなしごとを、幅広く徒然なるままに書き綴ります。

『未開紅』( みかいこう)

| コメント(0)

 

201102071624000.jpg未開紅は、梅の花が厳しい風雪に耐えしのぎ
強い胞を破って今にも花が開かんとする
力強い蕾を表現した菓子です。

薄紅と白の重ね合わせは、王朝以来の※雛色目(かさねしきもく)
の伝統に基づいた色調だけに、落ち着きと気品があって
迎春菓にふさわしい茶菓子といえるのではないでしょうか。

※「雛色目」(かさねしきもく) 平安時代に確立した衣装の色の組み合わせ。


『未開紅』 1個200円(税込)

コメントする

プロフィール

千野雅芳

御菓子処千野の三代目、千野雅芳。 製造担当・一男三女の父であり “文化は地続き”が持論の新人類世代。 また『マサヨシ』名義で地元をはじめ 各地のクラブイベント等に和菓子を提供。 若者世代に伝統和菓子をアピールすると共に その新たな価値観と可能性を日々模索中。

画像一覧

  • 201102141108001.jpg
  • 201102071624000.jpg
  • 201102041545000.jpg
  • 201101291628001.jpg
  • 201101271500001.jpg
  • 201101141547000.jpg

このブログ記事について

このページは、千野が2011年2月 8日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「雛菓子」続々入荷中!」です。

次のブログ記事は「さくらもちはじめました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

過去記事一覧