御菓子処 千野

信州上田にある「御菓子処 千野」の三代目・千野雅芳が 日々の和菓子作りやお店の情報はもとより心のアンンテナに引っかかった様々なカルチャーに到るまで、心に移り行くよしなしごとを、幅広く徒然なるままに書き綴ります。

2011年1月アーカイブ

下萌

| コメント(0)
201101291628001.jpg厳しい冬の雪の下でも、春の準備は着々と進んでいます。

雪の下から力強い生命力で萌え出づる若草を、
茶巾絞りの煉切で表した上生菓子  『下萌  (したもえ)』です。

緑の練切餡には、"ヨモギ"を練り込み
お味でも一足はやい春を感じて頂けることと思います。


『春日野の 下萌えわたる 草の上に つれなく見ゆる 春の淡雪』
                               新古今和歌集より



  『下萌』 1個200円(税込)

ハルノアシオト

| コメント(0)
201101271500001.jpg

店頭の梅の花が咲き始めました

【特注】蓬莱饅頭

| コメント(0)

201101141547000.jpg蒸籠の中に整然と並んだ、一見腰高の薯蕷饅頭のようですが・・・

 

 

割ってみると御覧の通り★

201101141717000.jpg花びら餅同様、新年菓として有名な「蓬莱饅頭」でございます。

店頭には並ばない特注品です。

 

御覧になってお分かりになるかと思いますが。。。

五色の餡(生地)を包み重ねるため、大変手間の掛かるお菓子でございます故、ある意味、毎年ご注文を頂きコレをお作りすることは、精神的にも肉体的にも特別な‥言ってみれば"年に一度のお祭り気分"でございますww

ちなみに五色の餡にはそれぞれ 「黒(長寿)緑(徳)黄(財力)赤(無病)を白(天命)で包み込む」 といった意味合いがある、とてもお目出度いお菓子です。




 

初花

| コメント(0)

201101101518000.jpgうれしさもにほひも袖にあまりけり我がため折れる梅の初花(玉葉1855)

『初花』 1個200円(税込)

年明けから毎日花びら餅の作業に追われている三代目です。

お陰様で毎日たくさんのご注文を頂いております。

まだまだ日によってはご予約に余裕のある日もございますので是非お問い合わせ下さいね!

 

さて、そんな中、構想から1年!

ようやく完成・発売開始いたしましたのが

大人気の地元フリーペーパー「うえだNavi」監修 【信州上田名鑑

201012301102000.jpg信州上田の観光イベント、人とお店の紹介、ホテル旅館マップ、市内でもらえる観光マップなど、うえだNaviの活動を通して収拾された様々な情報の集大成ともいえる信州上田のガイドブックです。

観光客の皆様はもちろんですが、上田にお住いの皆様にも是非読んで頂きたい充実の内容となっております。

B6版フルカラー全230ページのボリュームで

初版特別価格なんと!1000円!(税込)

 

もちろん当店も掲載されておりますww

ちなみにボクの近影撮影は。。。

最近第一子「エーちゃん」も産まれますます絶好調の

スウェーデンのフォトグラファーGÖRAN HOSHI JOHANSSON 氏!

 

【信州上田名鑑】は当店店頭でもお取り扱いしておりますので、この機会に是非お買い求め下さい!

 

謹賀新年

| コメント(0)

幸多き新年をお迎えのことと

お慶び申し上げます

本年も宜しくお願い致します

 

御菓子処千野

プロフィール

千野雅芳

御菓子処千野の三代目、千野雅芳。 製造担当・一男三女の父であり “文化は地続き”が持論の新人類世代。 また『マサヨシ』名義で地元をはじめ 各地のクラブイベント等に和菓子を提供。 若者世代に伝統和菓子をアピールすると共に その新たな価値観と可能性を日々模索中。

画像一覧

  • 201101291628001.jpg
  • 201101271500001.jpg
  • 201101141547000.jpg
  • 201101141717000.jpg
  • 201101101518000.jpg
  • 201012301102000.jpg

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

過去記事一覧