御菓子処 千野

信州上田にある「御菓子処 千野」の三代目・千野雅芳が 日々の和菓子作りやお店の情報はもとより心のアンンテナに引っかかった様々なカルチャーに到るまで、心に移り行くよしなしごとを、幅広く徒然なるままに書き綴ります。

2010年9月アーカイブ

菊薫る。。。

| コメント(0)

kiku.jpeg日本を代表する花である菊を、"へら切り"という技法で仕上げました。

『菊』 1個200円(税込)

お客様各位

9月25日(土)~26日(日)

都合により、休業させて頂きます。

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが

何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

                         御菓子処千野

ラビットの集い

| コメント(0)

先日の話しになりますが・・・

上山田温泉にて全国のラビットスクーター愛好家が集まる「ラビットの集い」が開催されました。

以前お伝えしたことがありましたが、実はボクもラビット乗りのはしくれ。

めったにない近隣での開催だったのですが、のっぴきならない用事があり泣く泣く欠席。。。

聞くところによると、現地にはおよそ70台のラビットスクーターが集結したようです。

中には仙台から自走!してきたヒトもいたみたいで、改めてラビットの耐久性を思い知らされます・・・。というか、乗ってきた人の耐久性も相当なもんです(笑

そんな中、「気が付いたら碓氷峠にいた」という名言と共に、東京在住の友達HOTTYくんも愛車に跨りいきなり登場!ボクをラビットスクーターの世界に引きずり込んだ張本人ですww

上山田での集団ツーリング終了後、上田にお立ち寄り頂きました。

その夜は、ボクのラビットの主治医でもあるN氏も交えて酒を酌み交わしつつ、ラビット談義に花を咲かせ・・・そして翌日、東京へ帰るHOTTYくんをお見送りがてら、本家ラビットの集いに参加できなかった鬱憤をはらすべく、ラビット3台でツーリングを敢行しました!

黄金色に輝く田んぼや、色づき始めたリンゴ畑といった実りの秋の風景をながめつつ、ロバのいる素敵な喫茶店でまったりコーヒー飲み、コスモス咲き乱れる内山峠の入り口までゆる~く走って参りました。

とは言え、さすがに40年以上前に製造されたスクーターで信州の山道を上ったり下ったり長時間走行しますと、それなりにトラブルもありまして・・・

案の定、帰り道でいきなりエンジンストップし、歩道上で急遽修理(笑)

マイナートラブルは日常茶飯事。でも治せば治っちゃう単純でタフな昭和の機械。

ラビットスクーター、愉しくてしかたありません!!

201009191102000.jpg

 

稲穂

| コメント(0)

201009201519000.jpg稲の穂の伏し重なりし夕日哉 正岡子規

『稲穂』 1個200円(税込)

三代目もチラリと出演させて頂いた、NHK長野「わがまちの手仕事」の放送内容が番組のホームページに掲載されています!

見逃した方はチェック★

「わがまちの手仕事 ー和菓子の木型ー」http://www.nhk.or.jp/nagano/teshigoto/100907.html

 

 

こぼれ萩

| コメント(0)

201009091438000.jpg萩の声こや秋風の口うつし 芭蕉

                             『こぼれ萩』 1個200円(税込)

虫の声

| コメント(0)

 

201009091153000.jpg                                             日暮ても野は錦なり虫の声   大島蓼太

 

『虫の声』 1個200円(税込)

201009071155001.jpg先日もお伝えしました通り。。。

NHK長野放送局「イブニング信州」内のコーナー【わがまちの手仕事

本日の特集は和菓子の木型職人さんです。

ボク自身も日頃あまり目にすることのない木型作りの様子を拝見出来るのはとても楽しみです。

ちなみに私と私の作った上生菓子もチラリと出演します。(何故か太字)

番組は18:10からの放送です!

是非御覧下さいね!

 

着せ綿

| コメント(0)

201009021720000.jpg

                       『着せ綿』 1個200円(税込)

 

九月九日は重陽(ちょうよう)、別名「菊の節句」です。
古代中国では菊は「翁草〔おきなくさ〕」「千代見草〔ちよみくさ〕」「齢草〔よわいくさ〕」と言われ、邪気を祓い長生きする効能があると信じられていました。
その中国の影響を受けて日本では、奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。
また、菊の着せ綿(きせわた)といって八日の夜に菊に綿をかぶせ、九日に露で湿ったその綿で体を拭いて長寿を祈っていたとされ、枕草子や紫式部日記の中でもその風習をうかがうことができます。

http://chino-ueda.sub.jp/wata.html

 

 

プロフィール

千野雅芳

御菓子処千野の三代目、千野雅芳。 製造担当・一男三女の父であり “文化は地続き”が持論の新人類世代。 また『マサヨシ』名義で地元をはじめ 各地のクラブイベント等に和菓子を提供。 若者世代に伝統和菓子をアピールすると共に その新たな価値観と可能性を日々模索中。

画像一覧

  • kiku.jpeg
  • 201009191102000.jpg
  • 201009201519000.jpg
  • 201009091438000.jpg
  • 201009091153000.jpg
  • 201009071155001.jpg

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

過去記事一覧