御菓子処 千野

信州上田にある「御菓子処 千野」の三代目・千野雅芳が 日々の和菓子作りやお店の情報はもとより心のアンンテナに引っかかった様々なカルチャーに到るまで、心に移り行くよしなしごとを、幅広く徒然なるままに書き綴ります。

なでしこ

| コメント(0)

201006081722000.jpg撫子(なでしこ)には、なでるようにかわいがっている子、いとしい子、愛児、と言う意味があるそうで、その小さな可愛らしい花の姿がそれに似ていることから、この名前がつけられたと言われています。

 

『なでしこ』 1個200円(税込)

コメントする

プロフィール

千野雅芳

御菓子処千野の三代目、千野雅芳。 製造担当・一男三女の父であり “文化は地続き”が持論の新人類世代。 また『マサヨシ』名義で地元をはじめ 各地のクラブイベント等に和菓子を提供。 若者世代に伝統和菓子をアピールすると共に その新たな価値観と可能性を日々模索中。

画像一覧

  • 201006111416001.jpg
  • 201006081722000.jpg
  • tentosen.jpeg
  • 1507305476_90.jpg
  • 201006050845000.jpg
  • 201006050847001.jpg

このブログ記事について

このページは、千野が2010年6月 9日 17:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「-TenToSen-」です。

次のブログ記事は「青梅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

過去記事一覧